四日市ボーイズが全国大会へ いなべの6選手が市長を訪問 三重

【全国大会に向けて意気込みを見せる(左から)岩花選手、一木選手、河瀬選手、宇野選手、津山選手、川瀬選手=いなべ市役所で】

【いなべ】26―31日に開催される「第52回日本少年野球春季全国大会」に三重県支部代表として出場する中学生硬式野球チーム「四日市ボーイズ」のいなべ市在住選手6人らが11日、日沖靖市長を訪問した。同チームは昨年11月21―28日に開催された県支部予選で優勝し、2年ぶり16回目の全国大会出場を決めた。16回の出場は参加42チーム中、最多。

予選では仲間同士声を掛け合って集中力を高め、3試合全て完封勝ちで突破。宇野倖生(こうせい)選手(北勢中2年)は「団結力を生かして勝ち上がっていきたい」と抱負を述べた。日沖市長は「みなさんの活躍を期待しています。頑張ってください」と激励した。