ロシアへの抗議決義を可決 鳥羽市議会 三重

【鳥羽】三重県の鳥羽市議会は10日の本会議で、ロシアによるウクライナ侵攻に厳重に抗議する決議を全会一致で可決した。

決議では、「軍事侵攻は国際社会の平和と秩序、安全を著しく脅かし、人命を軽視するもので断じて容認できない暴挙。厳重に抗議し、核兵器使用を示唆する威嚇や使用を行わないことを強く求め、政府に対しても国際社会と緊密に連携して毅然(きぜん)たる態度でロシア政府に臨み、制裁措置の徹底強化を求める」などとした。