百五銀行が9件7億8千万の私募債引き受け

百五銀行(津市岩田)は10日、私募債9件、計7億8千万円を受託したと発表した。

公表された7件のうち3件は、手数料の一部を教育機関や福祉機関に寄付するSDGs私募債(寄付型)。別の一件は持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた企業の取り組みに応じて利率を優遇するSDGs私募債(企業応援型)。

公表分は、自動車小売業「三重三菱自動車販売」(四日市市)3億円▽化粧品卸業「三国堂」(名古屋市)1億円▽建築設計監理業「青島設計」(名古屋市)5千万円▽設備工事業「トーカイ」(四日市市)同▽土木工事業「笠井土木」(四日市市)同▽電気工事業「真栄電気工事」(鈴鹿市)同▽電気機械器具製造業「トラスト電器」(伊勢市)同。

同行が本年度受託した私募債の累計は133件、114億7千万円となった。