くわな市民大学閉講式 79人が受講

【中村局長(右)から修了証を受け取る代表の受講生=桑名市中央町のくわなメディアライヴで】

【桑名】くわな市民大学市民企画講座「市民生活向上のための学習講座」の閉講式が十日、桑名市中央町のくわなメディアライヴであった。

同市の市民グループ「エチュード会」(池永稔代表)が主催し、昨年7月から計六回の講座を開いた。市内外から79人が受講。受講生はコロナ後の経済や歴史など、幅広い知識を身に付けた。

この日も講義があり、東京都の工学院大学先進工学部の酒井裕司准教授から温暖化対策について学んだ。

閉講式で池永代表は「コロナ禍でも頑張って、学びを深めたと思う」とあいさつ。来賓の市地域コミュニティ局の中村江里子局長が、代表の受講生に修了証を手渡した。