難病男児を誹謗中傷、SNS投稿疑い 三重県警松阪署、群馬の男を逮捕

【松阪】三重県警松阪署は9日、名誉毀損(きそん)の疑いで、群馬県高崎市上中居町、派遣社員中澤一容疑者(40)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年10月7日から11月1日までの間、自分が開設したSNS(会員制交流サイト)内に難病の県内男児の容姿を誹謗(ひぼう)中傷する内容の文章や画像を投稿し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。容疑を認めている。

同署によると、男児の両親が同じ難病患者を励まそうと男児の生活記録をSNSに投稿したところ、中澤容疑者が落書きした男児の画像や「生まれてきてはいけない子」などの文章を投稿した。両親から相談を受け捜査していた。