大四日市まつりをPR 四日市市、新ポスターが完成 三重

【大四日市まつりPRポスター】

【四日市】三重県四日市市の森智広市長は8日の定例記者会見で、令和元年度制作の市PRポスターの第2弾として、大四日市まつりをPRするポスターが完成したと発表した。毎年8月第1土日に開催している同祭について、多くの市民の関心を高め、開催に向けた機運を醸成するとともに、市の魅力を広く発信し、都市イメージと市に対する市民の誇りの向上を図る。

同祭では市内各地の祭礼行事が一同に会して演舞を披露しており、今回のポスターでは「獅子舞」「諏訪太鼓」「山車・ネリ」「大入道・こにゅうどうくん」の4種(4枚)のリアルなイラストを大きく用いることで、インパクトを狙った。全てのプログラムが一列に並び、同祭の一体感を表現し、右上がりのラインには出演する団体が描かれている。市では市庁舎、市内公共施設、東京事務所などで掲出するほか、同祭のポスターにも活用する。

森市長は「過去2年、コロナ禍で大四日市まつりを開催できず、地域の行事も全然できていないので、新年度こそ実施して盛り上げていきたいとの思いを込めている。大四日市まつりの醍醐味(だいごみ)を詰め込んだ内容だが、シティプロモーションも兼ねており、四日市全体の伝統芸能の発信、盛り上げにも資する」と語った。