鵜の森公園に身元不明死体 三重県四日市市

【四日市】7日午後3時15分ごろ、三重県四日市市鵜の森一丁目の鵜の森公園内の雑木林で、木の枝にくくりつけられたロープで首をつって亡くなっている男性を公園で遊んでいた小学生の男児が発見し、公園の清掃員が110番した。

四日市南署によると、遺体は60―70歳代とみられ、身長約175センチの中肉。青色のウインドブレーカー、茶色ジャケット、赤紫色シャツ、紺色スラックス、茶色ベルト、茶色の靴下と革靴を身につけていた。死亡推定時刻は同日午前6時ごろとみられる。身元を示す所持品はなかった。

同署は自殺の可能性が高いとみて捜査している。