参院選で芳野氏支援を確認 連合三重が津で決起集会

【決起集会でガンバローコールをする番条会長(中央)=津市栄町1丁目で】

連合三重は5日、次期参院選に向けた「勝利総決起集会」を三重県津市栄町一丁目の勤労者福祉会館で開き、三重選挙区(改選数1)に無所属で立候補を予定する元県議の芳野正英氏(47)を支援することを確認した。

連合三重によると、決起集会にはオンラインを含めて約330人の組合員が出席。芳野氏への支援に加え、連合が推薦を決めた次期参院選比例代表の立候補予定者9人の当選を目指すことも確認した。

番条喜芳会長は「連合が一体となって取り組めば必ず必勝できる。全ての組織が気を抜かずに臨んでほしい」とあいさつ。芳野氏は「日本を変えるために全力を尽くす。皆さんと共に戦い抜く」と語った。

これに先立ち、連合三重は春闘の県総決起集会を開催。「未来をつくる。みんなでつくる。」を合言葉として「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて取り組むことなどを定めたアピールを採択した。

次期参院選三重選挙区には芳野氏のほかに、山本佐知子県議(54)=桑名市・桑名郡選挙区=が自民党公認で立候補する方針。両氏は過去の参院選三重選挙区で落選しており、参院選への挑戦は2度目となる。