ウクライナ軍事侵攻に抗議声明 名張市長と議長 三重

三重県名張市の亀井利克市長と永岡禎市議会議長は4日、連名で、ロシアのウクライナ軍事侵攻に抗議する声明を発表した。

声明では、平和都市を宣言した同市として「世界平和に背を向ける今回の暴挙は極めて遺憾であり、断じて容認できない」とし、ロシアによる攻撃やウクライナへの主権侵害に厳重に抗議し、ロシア軍の即時・完全かつ無条件の撤退と国際法に基づく誠意ある対応を強く求めている。

志摩市議会も厳重抗議

【志摩】三重県の志摩市議会3月定例会は4日、本会議を再開。議会運営委員会(濱口卓委員長)からの提出議案として、ロシアによるウクライナ侵攻に厳重に抗議する決議案1件を全会一致で可決し、散会した。

決議案では、ロシア政府への厳重な抗議と即時撤退を求めるほか、日本政府に対しては邦人の安全確保や完全撤退の実現に向けてロシアへの制裁措置の徹底強化などを求めるとしている。