津市の補助金詐取疑いで社長逮捕 自治会ごみ収集庫設置で水増し 三重

【津】三重県の津市から補助金をだまし取ったとして、津署は2日、詐欺の疑いで、津市中河原、建設会社社長前田紀行容疑者(54)を逮捕した。

逮捕容疑は、令和2年6月9日から同年7月21日ごろまでの間、当時副会長を務めていた自治会内に設置するごみ収集庫3個の購入費・工事代金を水増しした領収書と事業実績報告書を市環境事業課に提出し、同年8月6日、補助金約45万円を、指定した口座に振り込ませてだまし取った疑い。

津署によると、前田容疑者は「補助金を受け取ったが、だまし取ったわけではない」と容疑を否認している。市が2月に同署に刑事告訴していた。