「厳正に対処」 高齢者虐待で伊勢市長 三重

【伊勢】三重県の伊勢市議会3月定例会は1日、本会議を再開。川口浩議員と野崎隆太議員が一般質問した。

このうち川口議員は、従業員への傷害容疑で1月に経営者男性が逮捕され、利用者への対応なども問題として指摘されている市内の高齢者施設を例に、虐待などの問題が発覚した場合の市の対応について質問。

鈴木健一市長は、市の権限として通所介護など市に指定権限のある施設への指導監査や、虐待防止法に伴う調査や虐待防止などを挙げたうえで、「関係書類や施設関係者への事実確認をしたうえで、関係法令に基づき厳正に対処していく」と述べた。

また施設に問題が発覚し、事業継続が困難になった場合の利用者への対応について、大井戸清人健康福祉部次長は「他の自治体と連携し別の施設への移転支援を含め、状況に応じて必要な対策をとる」と答弁した。