市制80周年応援事業を募集 鈴鹿市、市民が広く参加できるイベントを 三重

【市制80周年記念事業をPRするための市マスコットキャラクター「ベルディ」のイラストについて説明する末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】12月1日に市制施行80周年を迎える三重県鈴鹿市は、令和4年度に市民や事業者が実施する事業に「鈴鹿市制80周年記念事業」の冠称を掲げ、市と一緒に盛り上げる応援事業について、3月1日から募集を始める。募集期間は令和5年3月1日まで。

対象となるのは市内で開催し、市民が広く参加できるイベントなど。

応援事業として市に届け出ると、80周年を記念した市マスコットキャラクター「ベルディ」のイラストや、記念テーマ「『継承×挑戦』の80年 未来に向かって輝け鈴鹿!」を活用できるほか、市ホームページなどの広報媒体を通じた事業の周知、記念事業啓発物品が使用できる。

28日の定例記者会見で、末松則子市長は「80周年は市民と一緒に発展させる年にしたい。コロナ禍ではあるが、市民が少しでも笑顔に戻れる一年にしたい」と話した。

問い合せは市総合政策課=電話059(382)9038=へ。