夫婦の絆深める 津で記念婚式

【記念婚の杯を交わす山原さん夫妻ら=津市榊原町の射山神社で】

【津】三重県津市榊原町の榊原温泉振興協会は27日、町内の射山神社で「記念婚式」をした。3日まで同町一帯で開く同協会主催のイベント「第13回榊原温泉のお雛さま」の一環。事前の公募で選ばれた夫婦2組が神事で絆を深めた。

イベントのメーン行事として今回で12回目。コロナ禍で2年続けて規模を縮小し、旧榊原村時代の嫁入り道中を再現する恒例の行列はテープ音源による「道中伊勢音頭」で歩いた。

神事では山原光さん(41)英子さん(51)夫妻=津市=と鬼塚康介さん(34)真理さん(27)夫妻=いなべ市=がそれぞれ杯を交わし「これからも夫婦相和し円満な家庭を築きます」と誓詞を読み上げた。

今年の元日に結婚したばかりで市の広報を見て応募したという山原さん夫妻は十二単と宮司装束で参列。光さんは「気が引き締まる思い。仲良く2人でずっと一緒にいたい」、英子さんは「いい記念になった。これからも笑いの絶えない夫婦でいたい」とそれぞれ話した。