男性殺害疑い、4人逮捕 津の山林に遺棄 三重県警

三重県伊賀市島ケ原の職業不詳宇都宮秀之さん=当時(46)=を同所で殺害したとして、県警は25日、四日市市石塚町、無職山北進容疑者(37)や伊賀市服部町、配達員廣岡陸斗容疑者(28)ら4人を殺人の疑いで逮捕した。山北、廣岡両容疑者は、宇都宮さんの遺体を津市美杉町の山林に遺棄したとして、死体遺棄の罪で1月に逮捕され、その後起訴されている。

殺人容疑で逮捕されたのは山北、廣岡両容疑者のほか、韓国籍で住所不定、無職張誠根容疑者(42)、名張市蔵持町原出、無職中岡恵佑容疑者(31)。

逮捕容疑は令和2年10月5日ごろ、伊賀市島ケ原で、宇都宮さんを殺害した疑い。県警は4人の認否を明らかにしていない。

県警によると、宇都宮さんは頭部の損傷が激しく、鈍器のようなもので殴られたとみている。宇都宮さんは令和2年10月5日に行方不明となり、同月9日に家族が伊賀署に行方不明届を出した。昨年7月に情報提供があり、捜査していた。県警は4人と宇都宮さんの関係性やトラブルがあったかなどを詳しく調べている。