三十三銀、私募債13件受託 7件SDGs私募債で 三重

【四日市】三十三銀行は25日、私募債13件(9億8千万円)を受託したと発表した。

公表分の内訳は、同行保証分が、青果物卸売業「伊勢食菜」(伊勢市西豊浜町)の3千万円▽建設業「天元工業」(桑名市長島町)の3千万円▽建設業「オガワホーム」(四日市市羽津)の5千万円▽金属資材卸売業「トータルクリエート」(愛知県名古屋市中村区名駅2丁目)の3千万円▽揚重業「岡重機産業」(愛知県名古屋市中村区靖国町1丁目)の7千万円▽広告宣伝物企画・制作・販売業「アクセスメイク」(愛知県名古屋市守山区永森町)の7千万円▽中古車販売業「BR CORPORATION」(愛知県名古屋市港区高木町2丁目)の1億円▽産業廃棄物収集運搬業「田中浚渫(しゅんせつ)工業」(大阪府八尾市南木の本5丁目)の1億円▽金属製品製造業「豊國工業」(伊賀市小田町)の1億円▽医療・福祉業「フロイデ」(愛知県名古屋市港区港楽2丁目)の5千万円。

本件受託分のうち、「天元工業」「トータルクリエート」「岡重機産業」「アクセスメイク」「田中浚渫工業」「フロイデ」など7件(4億円)が、SDGs私募債での受託。

SDGs私募債は、持続可能かつ包摂性のある社会の実現に向けて、同行が受け取る私募債発行手数料の一部(物品または金銭)を、SDGsの目標達成に向けて取り組む組織・団体(学校や福祉施設、NPO法人など)に対して寄贈するもの。