相次ぐ訂正を陳謝 コロナ感染発表で三重県知事

一見勝之三重県知事は22日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者に関する発表の訂正が相次いだことに陳謝しつつ「現場はぎりぎりの状況。今後も数人程度の訂正が出る可能性がある」と述べた。

会見で訂正への所感を問われた一見知事は「おわび申し上げる」と陳謝。「感染者数は今後のコロナ対策に当たって大きな基準になると思っている。間違いのないようにしなければならない」と述べた。

一方、対策本部事務局への応援職員を増やす考えについては「今でも100人を超える職員を応援に出している。より多くの応援を入れる場合もあるとは思うが、現場の広さに限りがある」と語った。

また、新規感染者の職業を公表していない理由については「保健所が逼迫(ひっぱく)し、とにかく命を守る業務を最優先にしている。職業は把握しているが、公表して良いかの確認はしていない」と説明した。