離婚1人親世帯に給付金 亀山市、児童1人10万円

【亀山】亀山市はこのほど、離婚等(離婚協議中の別居含む)が原因で、児童を養育しているが、給付金を受け取れない世帯に対して、児童1人当たり10万円の臨時特別給付金を支給する準備を進めている。

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童を対象に、子育て特別給付金を受けていない人▽令和3年9月1日で1人親世帯になった人▽申請日時点で市に住民登録がある人▽児童手当の所得制限限度未満の人―など7項目の条件が全てに該当する人。

市担当職員は「昨年10月1日から今月28日までの間に離婚や離婚協議中で、1人親世帯の高校生を養育する人も支給対象者になります」とし、「詳しくは市に問い合わせしてほしい」と話している。

申請期間は28―4月30日まで。必要な書類を添付して、市民課医療年金グループに持参か郵送する。支給対象児童は、約50人を見込み、3月下旬以降支給する予定。問い合わせは市民課医療年金グループ=電話0595(84)5005=へ。