岸江さんが市長賞 津で三重調理専料理作品展

【市長賞の岸江さんと受賞作品「山粧う」=津市大谷町の三重調理専門学校で】

【津】津市大谷町の大川学園三重調理専門学校は19日、同校で本年度の料理作品展を開き、一年コース、二年コース計53人が各自のテーマで和洋中の料理や製菓を出品した。コンクール審査では、調理経営学科2年、岸江美月さん(20)=津市一身田町=の日本料理「山粧(よそお)う」が最高賞の津市長賞に輝いた。

学びの成果を発表し技術向上につなげようと毎年開いており、生徒は材料費3千円で縦横60センチのスペースに前日3時間、当日1時間かけ制作した。

【生徒の料理作品が並ぶ会場=津市大谷町の三重調理専門学校で】

全てイチゴを使ったスイーツづくしや米寿の祝い膳、宇宙をイメージしたフランス料理などさまざまな作品が並び、県調理師連合会会長ら審査員12人が素材の生かし方や技術など総合的に審査した。

岸江さんの作品は、秋の鮮やかな風景を、里芋の子を皮のままゆでた「きぬかつぎ」や木の実、朴葉などの食材で表現した会席料理。岸江さんは「食材や色合いがかぶらないよう全体をまとめるのが難しかった」と振り返り「昨年六位で今年は最高賞を目指していた。今までの成果が出てうれしい」と喜んだ。

そのほかの入賞者は次の皆さん。

県津保健所長賞=戸島美月▽県調理師連合会長賞=森愛夕香▽県日本調理技能士会長賞=廣田桜▽県食品衛生協会長賞=竹中皓紀▽津調理師会長賞=松尾愛花▽三重調理専門学校教育研修協力会長賞=岩口耕▽三重調理専門学校友庖会長賞=小倉海岬
【生徒の料理作品が並ぶ会場=津市大谷町の三重調理専門学校で】
【市長賞の岸江さんと受賞作品「山粧う」=津市大谷町の三重調理専門学校で】