市社協「きっちんプロジェクト」に50万円寄付 伊勢の山口工務店 三重

【宮崎会長に寄付を手渡した山口常務(右)=伊勢市御薗町の市社会福祉協議会本所で】

【伊勢】三重県伊勢市の建設会社「山口工務店」は18日、伊勢市社会福祉協議会が取り組む「きっちんプロジェクト」事業に、50万円を寄付した。

同プロジェクトは、市社協が実施する生活困窮家庭の小中学生を対象とした学習支援に参加する子どもら110人余りに、週一度、弁当を提供する取り組み。昨年から開始し、運営資金はクラウドファンディングや寄付で募っている。同社は、学習支援の子どもらにクリスマスプレゼントを届けたり、福祉イベントに長年出展するなど、地域福祉活動に積極的に取り組んでいる。同プロジェクトにも賛同し、寄付を申し出た。

同市御薗町の市社協本所で、山口圭造常務(35)が、社協の宮崎吉博会長に手渡した。宮崎会長は「多くの方に寄付をいただき、事業は順調に進んでいる」と感謝した。山口常務は「社員の給与の中から、地域貢献のための基金を積み立てている。若い人の支援に役立ててほしい」と話した。