同級生切りつけ、中2男子逮捕 三重・名張署

【名張】同級生を包丁で切りつけたとして、三重県警名張署は16日、傷害の疑いで名張市の中学2年の男子生徒(14)を逮捕した。

逮捕容疑は同日午前9時50分ごろ、同市の市立中学校内の教室前廊下で、後ろから別のクラスの2年男子生徒(14)の首を刃渡り約13センチの包丁で切りつけて全治5日の軽傷を負わせた疑い。男子生徒は「包丁で切りつけてけがを負わせたことに間違いありません」と容疑を認めている。

同署によると、包丁は自宅からリュックに入れて持ってきており、犯行前は制服の内ポケットに入れていたという。

男子生徒は逃走していたが、約4時間後に市内で友人と歩いていたところを署員が見つけて身柄を確保。同署に任意同行を求めて取り調べていた。