四日市市産業功労者に3人 事業所も表彰

【産業功労者に選ばれた(左から)水谷愼志さん、浅岡史郎さん、阿竹一之さん】

【四日市】三重県四日市市の森智広市長は15日の定例記者会見で、市産業功労者表彰などの被表彰者が決まったと発表した。市産業功労者に決まったのは、水九印刷代表で四日市商工会議所青年部初代会長を務め、同所情報・医療・福祉・サービス部会長も歴任した水谷愼志さん(60)=商業分野=、浅岡窯業原料代表の浅岡史郎さん(67)=工業分野=、阿竹印刷工業監査役で県印刷工業組合副理事長などを歴任した阿竹一之さん(74)=同=。産業の振興と発展に多大な功績があったとして、その栄誉を讃え、功績を顕彰する。

市雇用優良事業所に、障害者雇用率8・79%の建設業「中村組」(同市あかつき台2丁目)、65歳以上の高年齢者雇用率37・7%の警備業「三重綜警常駐」(同市鵜の森)の2社、市「男女がいきいきと働き続けられる企業」奨励賞に従業員のワーク・ライフ・バランスや子育て支援などを推進する建設業「第一電気工業」(同市笹川3丁目)の受賞もそれぞれ決まった。来月8日に市役所で表彰式を開き、産業功労者3人と事業所3社を表彰する。