建設作業中転落、男性死亡 名張の新築工事現場

【名張】12日午後3時50分ごろ、名張市蔵持町芝出の新築工事現場で、足場を組んで高所作業をしていた奈良市三条大宮町の建設作業員男性(55)が誤って約4メートル下の地上に転落。頭などを強く打ち、ドクターヘリで津市内の病院に搬送されたが、翌13日午前9時20分ごろ死亡が確認された。

名張署によると、男性は同日午前8時半ごろから、同僚らと数人で屋根板の釘打ち作業などをしていたという。安全帯やヘルメットは着用していなかったとみられ、詳しい落下原因などを調べている。