割れたせんべいでザクザク食感ケーキ 菰野町・日の出屋製菓が限定販売 三重

【期間限定で販売している「ガトーコンフィチュール」=菰野町千草の「日の出屋製菓希望荘店」で】

【三重郡】三重県菰野町の湯の山温泉のお土産として長く愛されてきた炭酸せんべい「湯の花せんべい」を製造販売する「日の出屋製菓」(同町菰野)が、製造工程で割れたり、焼きムラができて商品として販売しないせんべいを活用したケーキ「ガトーコンフィチュール」を開発し、14日までの期間限定で販売している。

昨年立ち上げた新ブランド「tabino ondo(たびのおんど)」の商品で、伊勢抹茶とほうじ茶の2種類ある。県産の茶葉をふんだんに使い、5層のロールケーキに仕立てた。外側に炭酸せんべいを使ったチョコクランチがまぶしてあり、一般的なロールケーキと違って、ざくざくとした食感が楽しめる。京都市の洋菓子店「北野ラボ」と共同開発した。

1本ロール(4人分)が3千円(税別)、ワンカットが千円(同)。四日市市の近鉄百貨店四日市店の「伊勢路テラス」、菰野町千草の温泉旅館「希望荘」内にある「日の出屋製菓希望荘店」、同社のオンラインショップ=https://www.hinodeya―seika.net=で販売している。

千種啓資代表(41)は「濃厚な味わいで、食べたら必ず納得してもらえると思う。これからもフードロス削減につながる商品を開発していきたい」と話した。