詐欺被害、未然に阻止 コンビニ店長らに感謝状 三重県警伊勢署

【岡﨑署長から感謝状を受けた(右から)松本さん、加藤さん、中川店長=伊勢市八日市場町のファミリーマート伊勢外宮西店で】

【伊勢】特殊詐欺被害を未然に防いだとして、三重県警伊勢署は3日、伊勢市八日市場町のファミリーマート伊勢外宮西店(中川勝敬店長)と店員の加藤杏奈さん(21)、来店客の会社役員松本美幸さん(59)=同市小俣町=に感謝状を贈った。

署によると昨年11月13日午後5時20分ごろ、市内の70代女性が来店し、プリペイドカードを購入するため加藤さんに端末機の操作方法を尋ねた。購入が多額だったため女性に事情を聞くと「未払い料金が発生している。今日中に支払わないと裁判になると言われた」などと話したことから詐欺を疑い、近くに居合わせた松本さんと一緒に警察に相談するよう説得。女性の了承を得て署に通報し、被害を防いだ。携帯電話にメールが届き、電話をすると支払いを要求される架空請求詐欺の手口だった。

岡﨑浩司伊勢署長が同店を訪問し、感謝状を手渡した。同店では、詐欺被害防止に向けた店内放送を流すなど、日頃から対策をしているという。加藤さんは「被害を防ぐことができて良かった。今後も防犯意識を高めていきたい」と話した。松本さんは「高齢者からお金をだまし取る犯罪を腹立たしく思う。これを機に、啓発活動などにも協力したい」と語った。