志摩・磯部に新型コロナ検査センター 無料でPCR 木下グループが開設 三重

【2日に開設された新型コロナ検査センター。対象者は無料でPCR検査を受けることができる=志摩市磯部町の市磯部支所で】

【志摩】住宅や介護福祉事業などを手掛ける「木下グループ」(東京都新宿区)は2日、三重県志摩市磯部町の市磯部支所1階に、店舗来店型の「新型コロナ検査センター志摩磯部店」を開設した。国内で74カ所目。県内では、志摩市と伊勢市(二見老人福祉センター)に設置されている。

県からの要望で木下グループが開設・運営し、志摩市が協力して開設場所を提供。ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業(3月末まで)と、感染拡大傾向時の一般検査事業(13日まで)を活用し、いずれも無症状で、経済社会活動を行うために検査が必要な人と、感染不安を感じる県在住の人を対象に無料でPCR検査をする。開設は3月末までだが、コロナの感染状況を見て延長する可能性もあるという。

この日は、利用者らが受付後に検査キットをもらい、会場内のブースで唾液を採取して提出した。検査結果は翌日中までにインターネット上で確認できるほか、結果通知書はダウンロードできる。

営業時間は平日の午前9時―午後3時半。インターネットでの事前予約が必要。1日の検査可能人数は138人で、空きがあれば当日予約もできる。希望検査日の5日前から予約可能。

検査に訪れた志摩市阿児町の福井由美さんは「接客の仕事なので陰性であれば安心して人と接することができる」、木下グループの寺地遼悟さん(24)は「自身の安心だけでなく、家族や友人など周りの人への配慮を含めて気軽に予約して検査を受けてもらえれば」と話した。