無許可で廃棄物保管 三重県が伊賀の2企業に収集業務停止

無許可で廃棄物を保管したとして、三重県は2日、産業廃棄物処理法に基づき、伊賀市平野樋之口の余野部建材と同市界外の大田建設に対し、産廃収集運搬業を90日間にわたって停止する行政処分をした。

県によると、余野部建材は市内の住宅解体工事で発生した廃棄物の積み替え保管を、許可がない大田建設に委託した。また、余野部建材は廃棄物の引き渡しに必要な管理票を大田建設に交付していなかった。

県が昨年3月に実施した定期的な立ち入り調査をきっかけに発覚。余野部建材は県の聞き取りに「早く廃棄物を撤去したかった」、大田建設は「違法だという認識はなかった」と説明したという。