「パチンコに負け」店備品に放火 伊勢署、容疑の26歳男逮捕

【伊勢】三重県警伊勢署は1日、建造物等以外放火の疑いで、伊勢市二見町西、建設作業員酒德拓矢容疑者(26)を逮捕した。

逮捕容疑は令和2年12月10日午後9時25分ごろ、伊勢市小木町のパチンコ店男性用トイレ内で、洗面所にあったペーパータオルに火をつけ、タオルボックスやハンドドライヤー、フロアマットの一部などを焼損させた疑い。

同署によると、消防を通じて連絡を受け、店内設置の防犯カメラの映像などから特定して任意同行を求めた。「パチンコに負けが続いたことからイライラして火をつけた」と容疑を認めている。