740万円詐欺疑い男逮捕 工事施工装い 松阪署

【松阪】三重県警松阪署は27日、詐欺の疑いで松阪市下村町、無職宮下幸久容疑者(53)を逮捕した。

逮捕容疑は令和2年11月25日から同3年5月10日までの間、松阪飯南森林組合(同市飯南町粥見)の事業部業務課長として、同組合が工事を請け負ったホテル新築工事で、架空業者が同組合下請けとして受注して施工したように装い、5回にわたり宮下容疑者が開設した架空業者名義の金融機関口座に現金合計約740万円を振り込ませ、だまし取った疑い。容疑を認めている。

同署によると、同組合は昨年11月1日に宮下容疑者を懲戒解雇し、12月17日に同署へ告訴した。