「榊原温泉のお雛さま」来月11日から イベントPR

【「第13回榊原温泉のお雛さま」をPRする萩会長(後列中央)ら=津市本町の伊勢新聞社で】

【津】三重県津市榊原町の温泉旅館などを中心に開催するイベント「第13回榊原温泉のお雛(ひな)さま」(2月11日―3月3日、榊原温泉振興協会主催)のPR隊が27日、同市本町の伊勢新聞社を訪れ「榊原温泉で心と体を癒やして」と呼び掛けた。

同協会の萩昭裕会長(58)や温泉旅館のおかみらが来社した。イベントでは町内の旅館や施設、寺社計八カ所にひな飾りを展示する。展示場所の一つ「おもてなし館」に設置した電動アシスト自転車で各所を巡ることもできる(貸し出し2時間無料)。

まん延防止等重点措置の実施期間中はスタンプラリーは行わず、解除になり次第始めるという。

また2月27日には射山神社で記念婚式を実施予定で、参加夫婦を3組限定で募集している。希望者は夫婦のなれそめや感謝の気持ちなどを短文にまとめ応募する。参加の場合は記念婚式前日の26日に榊原温泉に宿泊が必要となる。

萩会長は「コロナ禍で2年にわたり宿泊観光業は大打撃を受けている。コロナが収まったら心と体を癒やしに榊原に来ていただくためにも13年続けるおひなさまを継続することに意義がある」と力を込めた。問い合わせは同協会=電話059(252)0017=へ。