伊賀忍者の動画、都市部で放映へ 来月上旬から 県観光誘客

【県が「忍者の日」に併せて放映する動画】

一見勝之三重県知事は27日の定例記者会見で、2月22日の「忍者の日」に向けて、伊賀忍者をアピールする動画を作成したと発表した。来月上旬から大都市の大型ビジョンなどで放映する。

県によると、動画は30秒間と45秒間の2パターン。県出身の双子モデル・クリエイター、りかりこさんと全国の忍者ファンから寄せられた忍者のダンスや一見知事のメッセージを盛り込んだ。

事業費は放映費を含めて約250万円。新宿アルタビジョンなど、東京、名古屋、大阪、札幌、福岡の大型ビジョンで放映するほか、28日から県観光連盟のウェブサイト「三重であそび隊」でも配信する。

一見知事は「ダンスはできないが(日本忍者協議会の)会長として衣装を着て出演することになった。初めての衣装でフィットしていないとは思うが、伊賀への来訪を呼び掛けさせてもらった」と語った。