追突事故相手にひったくり暴行 容疑の男逮捕 桑名署

【桑名】桑名署は25日、窃盗(ひったくり)と暴行の疑いで、ブラジル国籍で住所不定、無職シミズ・アンデルソン容疑者(24)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年8月16日午前10時40分ごろ、桑名市小貝須の国道23号で、名古屋市港区の会社員男性(49)が所持していた携帯電話一台(時価2千円相当)をひったくり、同男性の左頬を殴る暴行を加えた疑い。容疑を認めている。

同署によると、シミズ容疑者の運転する車が男性の車に追突する事故を起こした。シミズ容疑者が自分の車のナンバープレートを外そうとする行為を男性が携帯で撮影したところ、シミズ容疑者が電話を取り上げ、男性の左頬を殴ったという。