重傷ひき逃げ疑い、85歳男を逮捕 三重・松阪 

【松阪】三重県警松阪署は22日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、松阪市飯南町向粥見、無職村田啓一容疑者(85)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後3時50分ごろ、同市飯南町横野の国道166号で、乗用車を運転中、自転車に乗っていた近くの無職女性(80)を追い越そうとして衝突し、けがを負わせたが、救護することなく逃走した疑い。女性は伊勢市内の病院に搬送されたが背中などを強く打ち、重傷。

同署によると、村田容疑者は「電柱に当たった気はしたけども、自転車に当たった記憶はない」と容疑を否認している。現場は片側1車線の直線道路で見通しは良い。後続車の男性運転手が事故を目撃し、110番した。