部活の感染対策強化 三重県教委通知、公式戦制限も

新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」が21日から2月13日まで三重県内でも適用されることを受けて、県教委などは20日、部活動の感染症対策を強化する方針を県立学校などに通知した。

部活動は自校内の活動とし、昼食を伴わない午前または午後の活動に限定する。公式大会についても制限を強化。県高体連によると、全国大会や東海大会など上位大会につながる公式戦で、上位大会の開催が迫っているなどの理由で日程調整が困難な場合を除いて、原則延期か中止とするよう求める。

県内競技団体が主催する大会についても開催可否や開催時期の見直しが続く。県ハンドボール協会は22日に予定していた県中学校選手権新人大会兼春の全国中学生選手権大会県予選の準決勝の開催を2月14日以降に延期するとしている。