ワクチン3回目接種を加速 三重県、3カ所に県営の集団接種会場

【定例記者会見で、集団接種会場の開設を発表する一見知事=県庁で】

一見勝之三重県知事は19日の定例記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン3回目接種を加速させるため、津市、四日市市、伊勢市の3カ所に県営の集団接種会場を開設すると発表した。2月末までに計6千人への接種を想定。21日から予約を受け付ける。

県によると、ツッキードーム(津市藤方)、四日市大(四日市市萱生町)、県伊勢庁舎(伊勢市勢田町)に開設する。30日から来月27日までの週末に接種日を設け、各会場で2千人ずつ接種する。

対象は2回目接種を終えた18歳以上の県内在住・在勤者ら。モデルナ製のワクチンを接種する。専用のウェブサイトやホットライン=電話059(224)2825=で21日から予約を受け付ける。

このほか、三重大付属病院(津市江戸橋2丁目)に設けているワクチン接種センターでも、2―3月にかけて接種日を追加すると発表。モデルナ製とアストラゼネカ製のワクチンを60人程度に接種する。

一見知事は「市町には3回目接種を急いでもらっているが、すぐには体制を準備できないところもあるため、県営会場を設けることにした。とにかくシャワーのようにワクチンを打つ必要がある」と述べた。