3回目接種、来月から開始 伊勢、鳥羽、志摩の3市 コロナワクチン

新型コロナウイルス感染症ワクチンの追加接種について、三重県の伊勢、鳥羽、志摩の南勢3市はそれぞれのスケジュールを発表した。

伊勢市は18日付で2回目の接種完了後、8カ月が経過した対象者宛てに予約案内を送付。22日午前9時から、市相談・予約センターで電話やweb、LINEを通じた予約の受け付けを開始する。2月1日から、福祉健康センター(八日市場町)など5カ所で接種を開始する。問い合わせは相談・予約センター=電話0800(200)0155=へ。

鳥羽市は、2月1日から中旬にかけて、坂手島、菅島、神島の離島に住む65歳以上の高齢者と、市内高齢者施設の入所者と従事者を対象に先行して接種を予定。そのほかの高齢者は接種間隔を7カ月に前倒しした分を含めて2月13日からの接種開始を予定しており、対象者には1月21日付で接種券を送付し、2月7日午前9時からコールセンターやインターネット予約サイトを通じて予約を受け付ける。会場は市民体育館サブアリーナ(大明東町)など6カ所。問い合わせはコールセンター=電話0120(709)027=へ。

志摩市は接種間隔を7カ月に前倒した分を含む高齢者を対象に2月3日から接種を開始。対象者に送付した予約票を元に、3―20日は阿児アリーナ(阿児町神明)など3カ所、10―20日は浜島B&G海洋センターと磯部生涯学習センターの2カ所で実施する。日時や会場変更の希望などは市相談窓口=電話0599(43)5030=で受け付ける。