「G・CATCHER」を発売 北村製作所、刈払機用飛散防護カバーの新製品

【ジーキャッチャーを紹介する北村社長=津市庄田町の北村製作所で】

【津】三重県津市庄田町の農業関連商品メーカー、北村製作所(北村清司社長)は2月1日、刈払機用飛散防護カバーの新製品「G・CATCHER(ジーキャッチャー)」(税込み3980円)を発売する。

新商品は、草刈り作業で発生する飛散物を受け止めるため、ナイロンコード刈払機に取り付ける防護カバー。

カバー部分の形状が曲面になっており、飛散物を包み込むように受け止められるほか、接地面には柔軟性の高い防護シートを使用することで、飛散物から足元を効果的に保護する。

一般的な刈払機に対応しており、レバー操作で竿(さお)部分にワンタッチで装着が可能。本体は重さ274グラムと軽量で、取り付け後に首振りや回転もできるため、作業状況に応じて位置や角度を手軽に設定できる。

北村社長は「これまで草刈りの際はフェイスガードやすね当てなど重装備が必要だった。ジーキャッチャーを取り付けていただくことで軽装備でのコード刈りができ疲労軽減につながる。ぜひ多くの方に使ってほしい」としている。