横断中の男性はねられ死亡 名張

【名張】19日午前9時15分ごろ、三重県名張市木屋町の市道で、横断歩道を歩いていた同市元町、無職美登路武さん(84)が、右折中の軽トラックにはねられた。美登路さんは全身を強く打って津市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。

名張署は同日、軽トラックを運転していた奈良県山添村春日、無職杉本博昭容疑者(77)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。杉本容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

同署によると、現場は片側1車線の直線道路。容疑を過失運転致死に切り替えて捜査している。