ソフトクリーム提供ロボ「モーモー」登場 伊勢の山村乳業

【寅年に合わせトラの帽子を着けてソフトを提供する「モーモー」=伊勢市宇治今在家町の山村みるくがっこう内宮前店で】

【伊勢】三重県伊勢市の乳製品メーカー山村乳業の直売店「山村みるくがっこう内宮前店」(同市宇治今在家町)に、ソフトクリームを提供するウシ型のロボット「モーモー」が登場した。店頭で「ソフト食べてきなぁい」「おおきんな」と伊勢弁でもてなし、注目を集めている。

モーモーは、自動でソフトクリームを巻いて提供するロボット。注文を受け、店員がコーンをセットするとクルクルと巻き上げる。コロナ禍で、感染リスクを少しでも減らしたいと先月末に導入。店員と客との接触を減らしながら、常に均一サイズの商品を提供する。

店員に代わり呼び込みも担当。伊勢弁で「山村牛乳を使ったソフトやに~」「食べてきなぁい」などと声を掛け、クリームを巻く間は「今から巻くでぇ~」「ちょっと待っとってぇ」、最後に「おおきんな、また寄ってなぁ~」といった調子。コミカルな動きもあって、子どもから大人まで幅広く好評だという。音声は、従業員の声を録音した。

提供するのは、同店の人気商品「みるくなソフト」。コクと甘みのある同社の牛乳をたっぷり使ったミルキーな味わいが特徴で、コーンのみ対応。1個400円(税込み)。

問い合わせは内宮前店=電話090(6358)6373=へ。