都道府県女子駅伝 三重33位、京都が優勝

【ゴールする三重のアンカー池内彩乃=たけびしスタジアム京都で】

第40回全国都道府県対抗女子駅伝は16日、京都市のたけびしスタジアム京都発着の9区間、42・195キロで行われ、京都が2時間15分5秒で制し、最多の優勝回数を18に伸ばした。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2020年の第38回大会に続く優勝となった。

三重はアンカーの9区池内彩乃(デンソー)が最終区間で順位を3つ上げて33位でゴールした。記録は2時間23分0秒だった。

京都は1区9位から徐々に順位を上げ、8区で初めて首位に浮上。最終9区で東京五輪1万メートル代表の安藤友香(ワコール)がリードを守り切った。福岡が2位、宮城が3位に入った。

三重県チームの成績は次の通り。

(33) 三 重       2時間23分00秒
区間順位            通過順位
▽1区(20)岩出 玲亜(千葉陸協)19分41秒
▽2区(21)松本 夢佳(デンソー)13分0秒=(20)
▽3区(36)山中 千佳(桜浜中) 10分16秒=(25)
▽4区(39)垣内 瑞希(順天堂大)13分53秒=(27)
▽5区(38)森田日世莉(桑名高) 14分7秒=(30)
▽6区(43)澤井 風月(山商高) 14分14秒=(33)
▽7区(30)松本 未空(鈴鹿高) 13分30秒=(32)
▽8区(41)林  里音(亀山中) 11分0秒=(36)
▽9区(20)池内 彩乃(デンソー)33分19秒=(33)