写真と帽子やコサージュ披露 三重・桑名で児玉さん夫婦展

【初の夫婦展を開いた児玉さん夫妻=桑名市大仲新田の川スミメガネ本店で】

【桑名】三重県東員町城山の児玉満広さん(71)と妻幸江さん(64)は14日、桑名市大仲新田の川スミメガネ本店ギャラリーで初めての夫婦展を開いた。20日まで。

昨年5月に続き、2回目となる写真展を開く計画をしていた満広さんが、幸江さんを誘った。ギャラリーの壁面に風景写真30点を飾り、幸江さんが手作りした帽子とコサージュ計約60点を並べている。

満広さんは「光と色のシンフォニー」をテーマに、約10年の間に撮りためた作品の中から自信作をそろえた。写真1枚1枚に撮影した場所と日時、コメントを添えている。帽子は素材や形もさまざまで、洋裁が得意な幸江さんは、ケープとおそろいで作った帽子も一緒に紹介している。

満広さんは「テーマに沿った写真を選ぶのに苦労したけど、楽しんで見てもらえたらうれしいです」、幸江さんは「いろんな帽子があることを知ってもらえたら」と話した。