三重県選手団に北京五輪代表の小坂凜ら 24日から冬季国体スケート

【小坂凛】

三重県などは14日までに、栃木県日光市で24日に開幕する第77回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会の県選手団を発表した。県内からは25―28日に霧降スケートセンターで開催のスケート1競技(スピード)に選手7人が出場する。今年秋栃木県内全域で開催の「いちご一会とちぎ国体」で天皇杯順位10位以内を目標に掲げており、弾みをつける活躍が期待される。

昨年の冬季国体スケート・アイスホッケー競技会で、男女総合得点(天皇杯順位)17位、女子総合得点(皇后杯順位)8位に貢献した顔ぶれとほぼ変わらず、女子マススタートで北京五輪初出場を決めた小坂凛(県スポーツ協会)には成年女子1500メートル、3000メートル両種目で大会2連覇がかかっている。

県選手団は次の皆さん。

◆スケート競技会
■スピード
「成年男子」監督兼選手 森本拓也(県スポーツ協会)▽選手 辻本一史(同)松井友汰(同)
「成年女子」選手 加藤梨乃(県スポーツ協会)富田裕香(同)小坂凛(同)
「少年男子」監督 小屋口陽二(県スケート連盟)▽選手 浦田大暉(亀山高校)