津で筆文字アート展 四日市の山岡さん

【作品を紹介する山岡さん=津市一志町の松尾表具店ギャラリー「一期一會」で】

【津】パステルと筆ペンの文字を組み合わせた「パステルアート筆文字」の作品展が、三重県津市一志町の松尾表具店ギャラリー「一期一會」で開かれている。作家の山岡寛子さん(41)=四日市市城西町=の作品約40点を展示している。31日まで。日曜定休。

山岡さんは幼い頃から書道を続け4年前にパステルアート筆文字の講座を受講。自身の制作のほか名前とオリジナルの詩を組み合わせた額などの注文に応じている。親交ある同ギャラリーの誘いで初個展が実現した。

暖かみのある色合いや愛らしい地蔵などの絵に「夢」「月夜」「祈」「感謝」など丸みのある筆文字を組み合わせたはがきや色紙のほか「諦めたらそこで試合終了」など気に入った言葉を書いた作品がある。

作品の周囲には娘の莉夢さん(15)の折り紙が飾られており、山岡さんは「見た人にほっこりしてもらえるといい」と話した。