来庁自粛の呼び掛け解除  三重県庁内の感染拡大なし

三重県は13日夕、県職員が新型コロナウイルスに感染したことを受けて実施していた来庁自粛の呼び掛けを解除した。「庁内で感染拡大はないことを確認した」としている。

県は子ども・福祉部で勤務していた20代女性職員1人の感染が判明したことを受け、7日から当面の間は緊急の用件を除いて来庁を自粛するよう県民に呼び掛けていた。

県によると、職員の感染判明当初に部内の約100人に実施した検査の結果は全て陰性だった。感染者が所属する課の職員に改めて実施した検査も陰性だったことを踏まえ、呼び掛けを解除した。