「トラ」モチーフに書画 伊勢で水墨画家ら女性4人展

【寅年にちなんだ書画作品などを出展した(右から)森さんと美の子さん=伊勢市本町の外宮参道ギャラリーで】

【伊勢】水墨画家と書家の女性4人による作品展「墨四人展 風は虎に従う」が、三重県伊勢市本町の外宮参道ギャラリーで開かれている。干支(えと)の寅(とら)にちなんだ書画作品などが並ぶ。21日まで。観覧無料。

4人は、水墨画家の美の子さん(50)=伊勢市中村町=と田中芙弥佳さん(42)=横浜市=、書家の森翠萌さん(36)=伊勢市上地町=と信貴(しぎ)聖玉さん(42)=大阪府和泉市=。

美の子さんが、コロナ禍にインターネットを通じて知り合ったメンバーに声を掛け、年初に伊勢で新春展を開こうと企画した。

伊勢和紙を使いトラの表情を力強く写実的に描いた水墨画、トラの文字を漢字や仮名で多様に表わした現代書、子トラの絵画やトラにまつわる言葉をしたためた書など30点が並ぶ。会期中、実演なども予定している。

美の子さんは「墨を使って作品づくりをする作家同士、自由に表現した。見てくれた人に元気になってもらいたい。寅年にちなみ、力強く新年をスタートしてほしい」と話していた。