ボッチャ大会2年ぶり開催へ 24日にオンラインで 特別支援学校4校生徒

【定例記者会見に臨む木平教育長=県庁で】

木平芳定三重県教育長は13日の定例記者会見で、県立特別支援学校の生徒が参加するボッチャの大会を24日にオンラインで開催すると発表した。

県教委によると、大会は平成30年から実施し、4回目。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止したため、2年ぶりの開催となる。

4校の23人が参加する予定。各校の体育館を会場とし、互いにオンラインで競技を見ながら得点を競い合う。上位成績の生徒や団体を表彰する。

木平教育長は「生徒らは体育の授業でボッチャを楽しみながら学んでいる。オンラインの形ではあるが、大会を通じて交流を深めてほしい」と述べた。