誰でも自由に弾いて アスピア玉城・ふれあいの館にピアノ設置

【玉城町が「温泉ピアノ」と名付けて設置したピアノ。15日から誰でも自由に弾くことができる=同町原のアスピア玉城ふれあいの館で】

【度会郡】三重県玉城町は、同町原のアスピア玉城にある町営温泉施設「ふれあいの館(玉城弘法温泉)」のホールに、誰でも自由に演奏できる「ストリートピアノ」を設置し、15日午後1時からオープニングイベントとして開く、ピアニストの吉川純子さんによる演奏会終了後、一般開放する。

気軽に音楽に触れる機会の提供と地域のにぎわい創出が目的。心も体もリラックスしてもらおうと、温泉入浴が楽しめるふれあいの館と新鮮な農畜産物が購入できる「ふるさと味工房アグリ」がある、自然豊かなアスピア玉城を設置場所に選んだという。

常設されるのは、平成6年から同町下田辺の中央公民館で生涯学習講座やイベントに使われていたピアノ。現在はコロナ禍で使用されていないため、調律を行い、「温泉ピアノ」と名付けて活用することにした。

利用時間は午前10時半―午後7時。ふれあいの館の休館日は水曜日(祝日の場合は翌日が休み)。混雑時の演奏は1人10分程度で交代する。

辻村修一町長は「心のゆとりや触れ合いを感じる空間になるようにストリートピアノを設置した。文化や芸術に触れるきっかけとして楽しんでもらえれば」と話した。

問い合わせは町産業振興課=電話0596(58)8204=へ。