重傷ひき逃げ容疑で大阪の男逮捕 伊賀署

【伊賀】三重県警伊賀署は11日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(救護措置義務・報告義務)の重傷ひき逃げの疑いで大阪府交野市星田1丁目、会社員半埜宏佳容疑者(52)を逮捕した。

逮捕容疑は10日午後零時5分ごろ、伊賀市島ヶ原の国道163号で大型貨物自動車を運転中、東進中の名張市つつじが丘北九番町、無職男性(41)のミニバイクをはね、右肩などを打つ重傷を負わせたが、救護せず、そのまま逃げた疑い。「追い越しただけ」と否認している。

同署が後方車両の運転手の目撃証言に基づき捜査し、証言に当てはまる車を四日市市内で見つけた。