「110番通報は適切に」 伊勢署、買い物客に呼び掛け 三重

【買い物客に110番の正しい利用を呼び掛ける伊勢署員(右)=伊勢市船江1丁目のミタス伊勢で】

【伊勢】三重県警伊勢署は「110番の日」の10日、伊勢市船江1丁目の商業施設「ミタス伊勢」の店舗前で広報啓発活動を行い、買い物客らに110番通報の適切な利用や特殊詐欺被害防止、交通安全を呼び掛けた。

同署によると昨年、県内で9万650件の110番通報があったが苦情や相談、いたずら電話も多く、正しく利用してもらおうと同活動を実施した。

この日は、伊勢署員や地域交通安全活動推進委員ら計13人が参加。通報のポイントや緊急時以外の警察安全相談ダイヤル「#9110」を掲載したチラシと、特殊詐欺への注意を促す啓発物品などを配布し、「110番の正しい利用をお願いします」「交通事故も多いので注意してください」と呼び掛けた。

同署地域課の土井幹夫課長は「110番通報をする際は、『何があったのか』『けがはないか』など警察官の質問に対して落ち着いて答えてもらいたい」と話した。