県庁職員1人が感染 新型コロナ、来庁自粛呼び掛け

【来庁の自粛を呼び掛ける張り紙=県庁で】

三重県は7日、県庁2階の子ども・福祉部で勤務していた職員1人について、新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。緊急の要件を除き、当面の間は来庁を控えるよう県民に呼び掛けている。

県によると、感染が判明したのは20代女性職員。症状を訴えて7日に医療機関で検査を受けたところ、陽性と判明した。7日に発表した21人の感染者には含まれておらず、8日に発表する見通し。

同じ部の職員2人が濃厚接触者に特定された。県は部内の100人に簡易検査を実施し、全員の陰性を確認。当面は部内の出勤者を半数程度とするほか、週明けにも同じ課の職員らにPCR検査を実施する。