児童と語学や文化交流を 新任ALTバートレットさんが伊勢市長表敬訪問

【鈴木市長(右)にあいさつするバートレットさん=伊勢市役所で】

【伊勢】伊勢市の小中学校で先月から新任の外国語指導助手(ALT)を務めているジャマイカ出身のバートレット・シーナローズさん(38)が6日、市役所で鈴木健一市長に表敬訪問した。

バートレットさんは、ジャマイカの首都キングストン出身。母国で15年ほど教員を務め、キャリアアップのため、昨年11月に初来日した。研修などを経て先月中旬から市内の五十鈴中、進修小、四郷小の3校で勤務している。かねてから日本人の慣習や心配り、ライフスタイルに興味があったという。

鈴木市長を前にバートレットさんは「初めまして。よろしくお願いします」「日本の冬はとても寒いです」とあいさつ。「伊勢の児童たちはエキサイティングで積極的。子どもらの学びをサポートし、子どもたちからは日本について学びたい。互いに語学や文化の交流を深めたい」と話した。市内のALTは19人となった。